現在位置: HOME > ボイストレーニング通信委員会 > コースの特徴












































両方の脳をバランスよく使い、楽しみながらできるトレーニングが盛りだくさんの教材が毎月上旬にあなたに発送致します。
教材はテキストとCDと途中にビデオです。



スタジオや練習場所にはもちろん、電車の中など、あなたの生活空間に持っていけるサイズです。この講座が従来のものと決定的に違う点は、プロ ボーカルに必要なたくさんの要素を、1年間かけて総合的に学習していただける所です。

講座の内容は、成果が出やすいように順序だてて組まれております。
あなたは、毎月届く教材を視覚と聴覚から吸収し、目標課題をきちんとこなしてくださればよいのです。
もし、講座を進めていく上でわからないことがでてきた場合、何回でも質問をメールで問い合わせることが出来ます。

ご質問の回答は、私、yoshikoをはじめとする、ボイストレーニング通信委員会認定ボイストレーナーが対応させていただきます。
1年間のお付き合いの中で安心して着実にレベルを上げていただけます。
公開講座(有料)も企画中ですので、その際にはお会いしての受け答えが可能です。

では、肝心の講座内容を大まかにご紹介しますね。この講座の核の内容は、あなたのパーフェクトボイスを手に入れる為におこなう、数々のボイストレーニングです。

  • 腹式呼吸〜より実践的な腹式呼吸を身につけよう!
  • 発声〜本当に楽に声を出してみよう!
  • 発音〜きちんとした発音をマスターしよう!(母音、子音)
  • 高音域の発声〜喉をしめず、太い声で楽々高音を歌おう!
  • 低音域の発声〜力まず、きれいに低音を出していこう!
  • ボリュームコントロール〜メリハリって大事です!
  • 音感〜音痴(オンチ)なんて克服しちゃおう!
  • リズム感〜もうリズムがずれてるなんて言わせない!
  • 表現力〜感性をフルに生かして、感受性豊かに歌っていこう!
  • 表現方法・テクニック〜ビブラートやアクセント。
    □|歌の魅力を目いっぱい引き出そう!


  • 力いっぱい声を出したり、何回も歌を練習すれば、どんどん高い声が出るようになるはずだ!
    歌い込んでいるのに声が出るようにならなかったり、歌が上手くならないのは、自分の能力の限界に達したからだ。これ以上はもう上手くなれないだろう。

    今までに私が出会ってきた生徒さんのほとんどが、ボイストレーニングを始める前に上記のような思い込みを持って練習して、行き詰まりを感じ、「自分はもう今以上に歌が上手くなることが無理なのだ」とあきらめかけていたようです。
    「自分はのびのびと高い声を歌うことは無理なんだ・・・」と。間違った思い込みはまた新たな思い込みを生んでしまうものなのですね。

    あなたはそうではないですか?
    もしあなたが、今までしてきた練習法で納得のいく成果を出せていたら、この通信講座に興味を持たれなかったと思います。

    実はボイストレーニングとは、ただやみくもに声を出すことではありません。やみくもにやることは雲をつかむようなもの。手ごたえもよくわからないし、成果が出にくいです。
    やった方がいいことに、的を絞ってやっていくのです。そのため結果が出るのが早いです。歌うために必要な筋肉を鍛えてレベルアップさせ、無意識でコントロールできるようにしていくこと。

    言い換えると、「意識しなくてもしっかりと声を出せるようになること」それがボイストレーニングです。
    声がしっかり出てきたら、そのあとに「歌が上手い人と同じ感覚を身につけていく」ということをします。(後者をボーカルトレーニングと呼ぶ場合もあります。)
    ボイストレーニングには実力を伸ばしていきやすい学習順序があります。

    もともと出すことが得意な人じゃない限り、私たち日本人にとって高音は強敵です。(詳しい説明は順を追って講座の中でしていきます)敵はかなり手ごわい・・・。いきなり戦っても、勝つ見込みは薄いです。
    ただ、しっかり準備して強くなってからのぞめば、簡単に操ることができるんです。そのためは、基礎から順にやっていきましょう。

    一見遠回りに思えるかもしれませんが、この方が近道なんですよ!


    コースカリキュラムへ













    配送と返品について
    配送料と配送情報
    商品を返品する
    ヘルプデスク
    パスワードを忘れた場合
    ヘルプ・お問い合わせ

    ページトップへ
    マスコミ問合せ | リンク | 利用規約 | プライバシー規約 | サイトマップ
    Copyright (C) 2004 ボイストレーニング通信委員会 All Rights Reserved